に投稿

ラジオを聴いているのはどんな人?

ラジオショッピングの特性としては、民放ラジオ局または関連企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)がオンエアーされるラジオショッピングは、扱う商品には局ごとに特徴の違いがあるが、どの局もジャンルは手広く扱っています。事例としては、デジカメやPC、加湿器取り付けを含むエアコンなどの電化製品から貴金属やブランド牛肉・ふぐ刺しなどの食品、仏壇までも取りあつかわれたりします。
そのようなラジオショッピングのほとんどはスポンサー通販となっています。

スポンサー通販で見ても、それぞれの通販会社の取扱商品は様々です。

通信販売とは、小売業において無店舗販売の一つです。実際の店舗ではなく、メディアをとおして商品やサービスをそれぞれの通信手段で注文を受けることです。

インターネット端末の普及によって「通信販売」や「通販」といえば、ウェブ販売によるものを指すことがあります。

昨今の通信販売業者は、実店舗をもたない業者だけでなく種々雑多です。ラジオ広告に対して、どんなイメージを持っていますか?ラジオ放送を聞いているときに、ラジオで通販番組が放送されているのは知っていますよね。
午前やFMとも民放なら、番組中に何度かテレビみたいにコマーシャルが入りますよね。ラジオ広告にはそれ以外にも、番組で商品紹介するタイプもあります。

その番組のパーソナリティや出演者が、「今月の御勧め商品は人気の○○」「健康の■■の悩みなら、◎◎は知っていますか?」のように商品を紹介しています。

あるときは、広告主企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)の担当者へのインタビューも交えて、商品を買いたくなる気もちに働聞かけます。
ラジオ通販は昔から放送されている通信販売の方法です。
商品紹介の多くは、ラジオ番組内で行われます。

ラジオショッピングでの商品の紹介にかける時間はごくわずかです。パーソナリティなどの紹介者の言葉や話し方などによりその商品のイメージがわいてきます。

そのためラジオショッピングは、商品を確認して買いたい人には不向きです。そうであるとしても、利用者の中には、好きなパーソナリティが紹介していたので注文したという人もいます。

近頃はネット通販(テレビショッピングなどで売られている商品が、時にはずっと安く買えることもあります)やテレビ通販で、いろんな商品を買う人が増えてきています。その他にも意外と人気なのが「ラジオ通販」なんです。

ラジオを聴く機会が少なくなったかも知れませんが、通販でお買い得商品を見つけたい人は一度、ラジオショッピングも御勧めです。

ラジオ通販の場合、商品紹介を耳で聴くだけですから、非常に分かり易く商品の使い心地を説明してくれます。テレビ通販より商品の想像力がはたらきます。しごとや家事の合間などの時間に、サクッと注文できるので、効率的に買い物ができます。我が家ではめったにエアコンはつけませんが、やはり気温が37度を超える日ともなると、つけざるを得ません。しかし、エアコンを使うとどうしても電気代が気になります。ラジオで聴いたのですが、最新型のエアコンになるほど省エネだそうで、新しいエアコンは1時間つけっぱなしで2円ほどの電気代です。ラジオ通販のエアコンにさっそく買い替えしました。

ラジオショッピング(Radio Shopping)は、ラジオ放送をメディアとして放送されるショッピング番組で、通信販売の一つの形です。日本国内においては、民放ラジオ局のプログラム中に流されることや、別の番組として放送されるショッピング番組です。こんなラジオショッピングは文化放送開発センター(文化放送の関連会社)が、昭和48年に初めて放送されました。

ラジオショッピングは耳で聴いた情報だけなので、テレビや印刷物と異なり、実物の商品をイメージが確認できません。

なので、通販会社や商品のメーカーの信頼性や顧客対応の評判もラジオショッピングを利用するときの注意点です。

ラジオショッピング開始当初は、ラジオ局またはグループ企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)により流されるラジオショッピングがほとんどでしたが、ラジオ業界の広告収入の減少により、いわゆるスポンサー通販が増えてきています。

ラジオショッピングには、ラジオ局自体あるいはその関連企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)が行なうものと全く別の通販会社などが、自社の商品販売するためのスポンサー通販と区別されます。
通販会社がラジオショッピングを行なう利点は、テレビショッピングとくらべ、リスナーも「直接見て注文したのではないからイメージとちがうことはある」と納得しているためか、商品が届いた時に、「頼んだ商品とちょっとちがう」などといったトラブルは少なくテレビショッピングより返品も大幅に少ないようです。ラジオショッピングを運営する企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)にまあまあ、ラジオ放送は比較的少ない予算ではじめることができる特徴があるので、誰もが知っている大企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)や地方の中小企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)まで、スポンサー通販の企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)業態は多様です。年末年始の期間を海外に行く人もいると思っております。

ハワイに行くのは安くなったとはいえ、やっぱり年末年始となると話は違います。

最近はハワイにしても、韓国にしても、言葉が話せなくても買い物はできます。でも細かい事なんかは、伝えるのは難しいものです。
そんなときの為に便利なのが、ラジオショッピングでも人気の携帯翻理由機です。12月になると、おせち理の予約のラストスパートです。ラジオショッピングのコーナーでもおせち料理の予約をせかされますね。(笑)家では毎年ラジオ通販のおせちを注文します。良く知れたところのおせちは、中身はあまり変わらないような気がします。

そういう理由からか、特典を付けてつけることで他社との区別をしようとしています。ラジオっていったい誰が聴いているの?ビジネスマンにとってはなじみが薄いかも知れませんね。

男女比で半々の人がラジオを聴いています。

年齢層は年代が上がるほど、ラジオを聴いている方も増えてきます。

また、地方に住んでいるリスナーが多いのも特徴です。
習慣的にラジオを聴いている人の割合では、「地方」に分類される東北や九州の都道府県が並んでいます。

地方在住でない人にはピンとこないでしょうが、日常的にラジオを聴く層が今も存在しています。
日本の民間ラジオ放送局のほとんどは、放送網の組織に加盟してラジオネットワークを形成しています。

午前はジャパン・ラジオ・ネットワークと全国ラジオネットワーク、FM放送は全国FM放送協議会とジャパン・エフエム・リーグ、メガネットです。

加えて、民放の全FM局が参加している全国FM連合があります。
(NHK-FM放送及び放送大学は除く)但し、JFLとMegaNet、全国FM連合は他にくらべ、ネットワークとしての関係はそれほど密ではありません。情報をやり取りしたり一部の番組販売、、不定期での共同キャンペーンを行なうだけとなります。