に投稿

かに通販利用前に知っておきたい蟹の基礎知識

少し前までは通販の宣伝といえばテレビでした。テレビを見て巧みな宣伝につられ、蟹通販の利用を検討した人もいるかと思います。
でも、テレビ通販を利用する前に、WEB上でどのくらいの価格で蟹を売っているのか、一度しらべてみたほうがいいでしょう。

なぜオススメするかと言うと、一般にテレビ通販よりネットの方がお得に蟹を買えることが多いから。

この一点に尽きるといえます。
ただし、WEB通販には詐欺やトラブルのリスクが付いて回るので、気になる方は信頼と実績のあるテレビの通販番組を通じて購入する方があれこれ気にしなくて済むので良いかも知れませんね。急速に広まった蟹通販。蟹通販で蟹を購入する利点の最たるものといえば、各地の漁場で水揚げされた新鮮な蟹を自宅に取り寄せることができる点に尽きるでしょう。その点、何人もの人の手を渡って店頭に並ぶ蟹の場合、蟹通販で届く直送品とくらべると常に新鮮と言うワケではありません。

おみせの方が良くないと言うのは意外な結論かも知れませんが、新鮮さをもとめるなら漁港から直接届けられる蟹通販を利用するのが最適の手段なのです。蟹通販をあつかうWEB上の業者は年々その数を増しており、タラバガニや越前ガニ、松葉ガニなどさまざまな蟹を手軽に購入できます。しかし、通販の欠点は実物を見て購入することができないことです。

どう選べばいいか分からない方もいるでしょう。そんなときには、必ずその業者に寄せられているレビューを確認するようにしましょう。

レビューを参考にする上でも注意点があります。それは、真っ当なレビューと、業者のサクラを見分けるように気を付けることです。わかりやすいのは、レビューの件数が少ないにもかかわらず、「よかったです!」などの単純な評価が多く付いていたら、とりあえずサクラだと思っておけばいいでしょう。蟹通販の利用時、みんなが気にしている点と言えば、通販では鮮度が信用できないと言うところですよね。蟹通販を初めて利用すると言う人の場合は、そんなに新鮮な印象はないのかも知れないですね。

でも、それは誤解です。
現実には通販だったら新鮮さが落ちるなどと言うことはないためす。「産地直送」を謳う蟹通販は、水揚げされた漁場から直接発送しているので、スーパーなどに陳列されるまでの時間、それが売れるまでの時間を考えると、むしろずっと鮮度の高い蟹が届くワケです。
我が家のおやじさんは蟹が大好き。

蟹通販で取り寄せた蟹も、私達が手をつける間もないまま、一人で片付けてしまうほどです。でも、主人一人が楽しむより、家族団らんで美味しい蟹に舌鼓を打ちたいものです。そんな我が家では、ポーションタイプの蟹が最近のブームです。
活蟹とは違い、既に身をさばいて殻も取り除いてあるため、蟹しゃぶや蟹鍋など、家族で囲む料理には特に、そのまま鍋に入れるだけなので楽チンです。これなら、子供のために殻を剥いてあげる必要もなく、存分に楽しめます。

大人(矛盾やままならないことを飲み込んでいける人のことでしょうか。周囲の人に迷惑をかけない、不快にさせないということも大事でしょう)も子供もハッピーですね。
蟹を楽しむなら色んな種類を知っておきたいもの。

人気の蟹の一つとしてよく名前が聞かれるのが、花咲蟹です。

ハート形に似た甲羅を持つこの花咲蟹は、根室、釧路といった北海道の東の方でしか獲れない蟹ですが、味に粗野なところがなく、上品で繊細な味わいが楽しめます。ハサミが最も美味しいと言われる花咲蟹ですが、脚の肉にはジューシーで柔らかいと言う特長もあり、身のボリュームも多い、大型の蟹です。

夏には早くも旬を迎え、秋頃まで美味しいと評判です。限られた時期にしか手に入らないので、頑張って購入してみましょう。ギフトとしても人気のある蟹。

家族やお友達知人に、蟹をお歳暮で贈りたいと言う需要も増えてきたのではないでしょうか。しかし、贈る前にこれだけは気をつけましょう。水揚げの瞬間から鮮度の劣化は始まっています。時間が経つと当然味も落ちることに繋がりますし、運が悪ければ食あたりの危険さえあります。危険回避の観点からも、鮮度や品質を大切にしている店かどうか、入念に確かめましょう。そして、二度手間にならないよう、留守中でない時間をちゃんと指定して工夫して発送するのがよいでしょう。

待ちに待った蟹のシーズン。
我が家も蟹好きばかりで、ネットの蟹通販は大変ありがたい存在なのですが、通販は相手が見えないですから、注意すべき点もあります。通販ではおみせと違い、現物が見えないので、何キログラム、何杯など、量の確認は入念にしましょう。

量のごまかしもまた、「カニカニ詐欺」のひとつの手口なのです。

また、蟹は冷凍で届くので、解凍にも気をつけましょう。

生鮮食品の解凍は難しいものです。

解凍の際には急がず、ゆっくり行なうのが鉄則ですね。初心者は往々にして、急いで解凍して蟹のうまみを台無しにしてしまうものです。
みんなの中には、蟹通販を利用した経験がある方も多くいらっしゃると思います。

しかし、通信販売で本当に美味しい蟹が届くのかなんだか半信半疑な人もいるかも知れません。

今のようにネットが普及する前なら、本当に質のいい蟹を通販で買え立と言う話は眉唾物の域でした。
ところが、ここ最近では店でも売っていないような、美味しく新鮮な産地直送の蟹を通信販売であつかう店舗が増えてきたのです。

一口に蟹といっても、多くの種類があり、それぞれ味わいが異なるので、蟹のことをもっとしりたいと言うあなたは、特定の蟹にこだわらず、色々食べくらべてみましょう。

私の一番のオススメとしては、松葉ガニ、越前ガニなどの銘柄で知られるズワイ蟹です。
この蟹は、繊細な風味や、強い甘みを持った味わいで知られ、蟹味噌も濃厚で美味しいです。

最も蟹らしい蟹といえるでしょう。

また、小ぶりな見た目で、甲羅の表面がつるつるしている点が印象的であり、慣れればすぐに見分けられるでしょう。毎年楽しみにしている蟹の時節がやってきました。

何より蟹が大好きな私。新鮮で美味しい蟹を味わうために、長期の休みを使って北海道へ飛ぶのが、今の時節で一番楽しみにしていることなのです。北海道は蟹のメッカ。

中でもお気に入りのおみせは、私の知人が包丁を振るっている、函館市内の店舗です。
ここは隠れた穴場ですよ。そこでは、水揚げされたばかりの新鮮な蟹を用いた料理を、店主が腕によりをかけて作っています。

もうすぐ今年もその店を訪れることができると思うと胸が躍ります。

ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。

はじめに、まな板の上で蟹のお腹側を上にむけます。

そして、腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。

甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。

つづいて、腹の切れ目をセンターに、足を甲羅から取り外します。
胴の内側のエラや薄い膜は食べられないので、指で外しておきます。

蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。最後に、食べやすくするため、足を関節の部分で切り離し、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておくのが上手な調理の仕方です。ネットで見かけた蟹の激安通販が気になって仕方がないとう方は多いかも知れません。
その名の通り激安なので、一見、利用してみたいと感じるかも知れません。
でも、考えなしに利用するのはよくありません。お得といっても度が過ぎる場合、売り物にならないだけの重大な理由があると言う可能性も考えられます。
トラブルや詐欺に巻き込まれないためにも、事前によく調べた上で判断することをお奨めします。かに通販の即日発送@翌日届く!発送の早いショップ4選